毒だらけの人生


毒はどこから僕らの体内に入ってくるのか?

食べ物の添加物、農薬、除虫剤、除草剤、水道水、工場汚水、クリーナー、化粧品、建築材料、排気ガス、缶詰の缶、プラスチック、医者の処方する薬、などなど枚挙にいとまがありませんが、僕の投稿を読んでいただいている方々はヘルスコンシャスなのでこのあたりはすでにご存知のことと思います。

たかだか半世紀前に比べても化学的毒の数は天文学的に増えており、今や、毒はどこにでも蔓延っています。まさに毒だらけの世界、毒だらけの人生。毒は僕らの想像つかない意外なところに隠れておりぼくらを驚かせます。

例えば、ピザ。

ピザのサラミがね、チーズがね、ピザドーって炭水化物よねとか、そう言うレベルではありません。

ビザが入っている箱。ピッザの箱には水や油に耐久性を持たせるため、perfluorinated alkylated substance (PFAS) – ペルフルオロオクタンスルホン酸 というポケモン怪獣より怖い舌のもつれそうな名前のついた化学物質が吹き付けられており、これが内分泌や免疫系を阻害します。具体的な悪影響として、発達障害、生殖障害、神経系障害、また、免疫力を弱めがんのリスクを高めると言われています。発育期の子供達にはもってのほかレベルの毒です。

PAFSは、ピザの箱のみならず、多くのくっつかないフライパン、雨具、登山靴、シミ加工された衣服や、家具、リュックサック、また医療器具にも使用されていたりするので、健康意識が高そうで実は低い日本人の被毒度は高いといってよいでしょう。

このような、危険度が高く分解されにくい毒物が、接触や呼吸を通して体内に入りどこに行くか想像できますか?

2015年のコペンハーゲン大学、デンマーク大学などの共同研究で、母親の母乳を通してこのペルフルオロオクタンスルホン酸が乳児の体内に侵入していることが発見されています。母乳では、さらにその毒が濃縮されるので影響はさらに大きくなるようです。

参考リサーチデータ

僕らが体内に抱える毒は、ぼくらののち何世代にも引き継がれ、何らかの支障を子孫にまで及ぼすかもしれません。

すでに生きていれば毒を100%避けることは不可能と言えます。ぼくらに何が大切かといえば、ぼくらがそのような毒の存在を知り、それらを避け、そしてそれらを定期的に体内からデトックスを行い意識的に解毒機能をサポートしてあげることが、毒まみれと言えるこの現代社会で大変重要なことなのです。(ことに妊娠前に!)

↓↓↓↓↓このブログが少しでもお役に立てたなら、ボタンをクリックしてご支援願います。


全般ランキング


健康ダイエットランキング

写真はウェブから拝借

 

頂点をいく
ダーク・チョコレート


僕の尊敬する健康グルで、代替・自然医療医師の一人に、ドクター・ウェイルという医師がいます。2、30年ほど前には、代替医療といえば彼と、ディーパック・チョプラ医師がずば抜けて知名度があり、あとはどんぐりの背比べという感じだったはずです。

昨日、彼のレクチャーの中で、「ぼくの抗炎症フードピラミッドの頂点に立つのはダーク・チョコレートだ」といって、受講者を笑わせていたので、彼のサイトでそのピラミッドを見ると確かに「ダークチョコレート」が頂点に立っていました。(頂点は、ベストフードという意味ではなく、少量摂取するという意味)

チョコレートが最近スーパーフードと言われている理由の最強は、ポリフェノールやフラボノイドといった抗酸化作用を持つ成分が多量に含まれているからです。サルでも理解できるように単純化すると、「酸化」=「炎症」=「あらゆる病気の根本原因」ですので、抗酸化作用を持つ食べ物が重要であるということになりますが、ポリフェノールのもつ威力はそれにとどまりません。

他にも以下のような効果があります。

ー血圧の低下

炎症が体内に起こると血管を狭くしてしまう。炎症が軽減されることで血管が広がり血圧が下がる。

ー動脈硬化などその他の心臓疾患予防

カカオバターの脂肪には、LDL(悪玉)コレステロールを下げ、HDL(善玉)をあげる作用がある。

ーシミやそばかすの予防

紫外線による活性酸素を除去するのでシミ、そばかすなどの予防になり美肌につながる。

ー記憶力、認知力を上げる

大脳の血行を良くし、頭の回転をスムースにする。特に高齢者の認知力を上げる。

体に良いからといって、食べ過ぎは決してよくありません。

僕の場合は、サプリメントと思って週に2、3回、一回10グラムくらいを味わって食べます。

また、質にもこだわることが大切です。チョコレートは、生産地が熱帯地方ですので、多く低賃金で子供を働かせたり、強制労働をさせたりという労働環境を強いているところが多くあります。オーガニックのフェア・トレードで、カカオが80パーセント以上(ドクターウェイルは70%以上と言ってますが)、砂糖が1オンス(約30グラム)中、10グラム以下のものを選ぶことをお勧めします。

以下、オススメするアメリカ2銘柄です。

日本で手に入る:

http://import-selection.ciao.jp/ihb/i-review-0296.shtml

アメリカなら:

https://www.cocoaparlor.com

↓↓↓↓↓↓下のボタンをクリックしてこのブログをサポートしていただければ幸いです。

アメリカでは「スーパーフード」を冠せられたダークチョコレートだが、品質には要注意。

 


全般ランキング


健康ダイエットランキング

 

十人十色一人一人 = ファンクショナル・メディスン

 

「砂糖は1日どのくらい摂取していいのか」、「カロリーは1日どのくらいがいいのか」とか、水分は?塩分は?とか疑問を持って、いろんなガイドラインを見たりして、それぞれ違うことを言っているので余計に混乱したりしませんか?

人は十人十色です。アメリカのように、世界中から様々な人々が集まったところならなおさらその「色」の違いは鮮明です。

アーユルベーダや、中医学では、例えば同じ食べ物を一つとってもそれは人の体質によって、毒にもなるし薬にもなるとしていますから、食事の判断もまずは体質を見極めることを第一に行います。一方、近代栄養学は、そういった一人一人の体質を無視し、あくまで「平均的体重身長の男子・女子」を基準にカロリー、糖分、炭水化物、その他、推奨値を出しているというのが現実です。病院医療も、個人を見ずに「病名」を見て治療方法が決められるので、同様の考えだと言えます。

ファンクショナル・メディスン(機能性医学) は、現代医学にこの一人一人の体質に眼目を置く伝統医療の考えを取り入れてアップデートされた医療と言うことができます。簡単に言うと、主にその人の生活習慣、遺伝子マーカー、食事、自然界のサプリメントや、薬草、そしてキノコなどの菌類を治療方法に取り入れています。そこにラボの血液検査などで、炎症マーカー、アレルゲンや、ミネラル値といった過去にはあまり気にされなかった値を診て取り、患者の治療裁定をするのです。ですので、伝統医療同様、同じ病名であっても同じ治療方法とは限らず、その根底にある原因を改善するような治療法をとります。

コンピューターに例えて言えば、伝統医療、病院医療共にOSのアップデートが必要ということになりますが、ファンクショナル・メディスンは、まさにその新旧医療界のアップデートに値し、病院医療は前述したようなホリスティックな医療方法、そして、伝統医療は最新の医療科学を新たな「ファンクショナリティー」として装着することができるのです。

日本でも最近ファンクショナル・メディスンを学び、その理論を摂り入れている医師が増えてきているようです。

このファンクショナル・メディスンの創始者であり、ゴッド・ファーザーと言えるジェフリー・ブランドのこの著作はそのファンクショナル・メディスンの基礎的な考えと方法論を知る絶好の一冊だといえます。

お役に立ちましたか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓下のボタンをクリックこのブログをサポートお願いいたします!


全般ランキング
健康ダイエットランキング