胃腸の調子がどうも?

もしかして腸漏れ症候群?


今や、日本もアメリカも含め、おそらく僕らの食事が引き寄せる最大の敵は「炎症」です。炎症は当然ながら体の防衛機能であり、風邪や、インフルエンザにかかった時の熱、怪我をした時の腫れなどは、免疫反応で正常な反応です。しかしながら、この免疫反応が、毎日あなたが食べているものから引き起こされるとしたらどうでしょう?炎症が慢性化し、組織を破壊したり、インスリン抵抗を起こしたりして、体に様々な異常をきたし、しまいには、糖尿病、心臓病、自己免疫疾患系、認知症、がんなどの病気を引き起こす原因となります。現存するほとんどの慢性病は、この炎症に起因しているとまで言われています。

この慢性炎症を起こす大きな原因の一つにリーキーガット症候群が挙げられます。

リーキーガット(leaky- 漏れやすい、gut- 腸)とは、くだけて言えば腸壁に穴が空き、食事や解毒機能によって腸管入ってきた毒素が絶え間なく血液中に侵入する現象で、慢性的な下痢、便秘、膨張感といった胃腸の不調のみならず、疲れ、頭痛、体の痛み、思考ボケ、免疫低下、アレルギー反応、といったあらゆるゆるい異常を呈します。この腸漏れによって血液中に侵入した毒素は当然ながら、免疫を発動させ慢性的な炎症を起こすのです。

では、なぜ腸に穴が空くのか?

大きな原因のひとつは、腸内バクテリア(マイクロバイオーム)の極端な減少、不均衡です。

食生活の変化や、農業汚染、抗生物質の濫用などから、腸内に侵入してくる毒素を分解し、また栄養素吸収を助けていたバクテリアたちが極端に減り、また、近年食べ物に含まれる毒素が激増し、もともと細胞の薄いレイヤーで守られている腸壁組織が破壊されやすくなり穴が空きやすくなったことがあります。

ですので、まずは極力毒素の高い食事や薬を避け、腸内バクテリア環境を整えることが今とても重要なのです。

リーキーガット症候群は、食事やサプリ、そして生活習慣を見直すことが最も有効です。下痢止め、痛み止めなどを継続して飲んでも改善するものではありません。

この腸のバクテリア環境を整えるためにできる簡単な生活習慣の導入例を挙げてみましたので、興味のある方はお読みください。

以下にある同じレベルの選択肢から毎週1つ、多くても二つづつ生活に組み入れ、1週間づづ継続していきます。同じレベルの項目が全て習慣として導入できたときにのみ、次のレベルに進むことができるとします。また、組み入れたものは継続して行っていくと約束してください。このように少しずつ無理なく、継続的に組み入れるときその行為は生活習慣としてあなたの生活に根付き、持続することができます。

第二の脳と言われる腸を最適化し、リーキーガットからあなたを守る食習慣の提案
レベル:小結
  1. 朝食、夕食にプロバイオティック・サプリと、水溶性繊維(オートミール、発芽玄米、バナナ、皮をむいていないオーガニックフルーツのスムージーなど)を摂る。
  2. 1日一回は、サラダを食べる
  3. プロバイオティックな食べ物を1日一度摂取する(活性乳酸菌ヨーグルト、キーファー、キムチ、納豆、サワークラウトなど)
  4. お酒を習慣的に飲む人は、1日一杯のビールかワインに減らし、必ず食事と一緒に飲む。
  5. スナック菓子などを食べるときは、お皿にとって量を制限する。バッグから食べない。
  6. デザートは、一人で食べずだれかとシェアーする。
  7. 抗炎症効果のある食べ物を気にして食べる。(光物の魚、ベリー類、木ノ実、タネ類、全体穀物、濃緑野菜、大豆、ピーマン、ビーツ、生姜、ウコン根、にんにく、オリーブ油など)
  8. 痛み止め(アセタミノフェン、イブプロフェンなど)を容易に摂取せず他の方法で痛みを和らげる努力をする。

以上がすでにできているなら、さらに高度なレベルを生活の中に導入する。

レベル:大関
  1. 食べ物をオーガニックに変える。肉も、野菜も全て農薬や、ホルモン、抗生物質などを使用していない食材にする。
  2. 赤肉を減らす、もしくは、一切なくす。少なくとも、オーガニックに切り替える。
  3. 白米をやめ、発芽玄米にする。
  4. 食パン、その他のパンを断つ
  5. 卵をオメガ3の高い平飼い卵に変える。
  6. 菜食主義者になる
  7. 精製された砂糖を一切止める。
  8. コンビニで食べ物を買うことを一切止める
  9. 箱入りの食事、あらかじめ料理された冷凍食品、
  10. お酒を断つ
  11. お腹空いていないときに食べることを止める。

以上をすべて導入できたなら、以下の横綱チョイスを吟味し、実験してみる。

レベル:横綱
  1. 小麦を摂取するのを止める
  2. グルテンを止める
  3. デザートをやめ、フルーツのみにする
  4. 一日最低6グラムの繊維を食事以外で摂取する
  5. ヴィーガンになる

ヘルスコーチは、このような段階的方法を通して、あなたの食事、生活習慣を変え、健康を最適化し、最終的にあなたの自力本願的な健康管理を実現させます。

ぼくの目標は、あなた自身に最高の自分を手に入れていただくことです。まずは、あなたのゴール設定を一緒に模索し、食事、生活習慣を見直しながら、あなたの生活を取り巻く人生要素を再確認し、一つ一つをあなたのスピードで最適化し、ベストなあなたをあなたの力で手に入れていただくことなのです。

あなたも健康最適化を考えているなら、是非、30分無料コンサルテーションを受けてみてください。

無料コンサルテーション

参考文献、サイト

https://www.nhs.uk/conditions/leaky-gut-syndrome/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5440529/

https://www.medicalnewstoday.com/articles/326117.php#lgs-and-autism

https://badgut.org/information-centre/a-z-digestive-topics/leaky-gut-syndrome/

https://www.glutenfreesociety.org/dr-fasano-on-leaky-gut-syndrome-and-gluten-sensitivity/

↓↓↓↓↓↓下のボタンをクリックしてこのブログをサポートしていただければ幸いです。

リーキーガット症候群(腸漏れ)は、体の様々な不調の引き金となります。

 


全般ランキング


健康ダイエットランキング

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.