光がもたらす

最高のあなた


紫外線(太陽光):

夏至をすぎ、夏に入りました。これから太陽の光がますますギラギラとあなたのお肌に刺さる季節到来です。

太陽といえば紫外線。紫外線は、皮膚を傷め、老化を早めるとされ、とかく女性には嫌われがちで、東京など暑いのに日焼け防具をがんじがらめに纏う女性も少なくありません。

嫌われ者の紫外線は、確かに長時間浴びると皮膚の老化、皮膚がんなどの原因になりかねませんが、実は、紫外線を極端に避けることで、他の病の原因となるばかりか、皮膚がん疾患の確率も実は高くなるということも報告されています。

また、コロナウイルス期にも紫外線を浴びることが、病の進行を止めるのに効果があったことが報告されています。これは、紫外線の殺菌、抗バクテリア効果に多大に依るところで、紫外線が様々な皮膚の感染症などに効果がある理由です。

紫外線は、体に大変重要なビタミンDを肌が生成する引き金となります。実に90%以上の人々がビタミンD不足に陥っていおり、様々な慢性病や、脳神経系障害の原因となっているということを考慮すると、紫外線、ことに太陽光を皮膚に浴びることは大変重要なことだということがわかります。ビタミンDは、免疫を強化する他、骨を健やかにし、私たちを骨粗しょう症などから予防してくれる必須の栄養素です。

また、紫外線によって生成されるビタミンDは脳を刺激して気分を高め、ポジティブな思考を誘発し、鬱なムードから私たちを解放してくれる他、僕らの細胞に居住し酸素をエネルギーに変換しているミトコンドリアの活力を上げ、僕らのエネルギーアップにも貢献します。

ちなみに、Sun Protection Factor (SPF)30ほどの日焼け止めクリームを肌に塗ることで、ビタミンDの生成が95%も落ちるという研究データーがありますのでそんなことも頭に入れておくといいでしょう。紫外線を避けようと日除けで身ぐるみになっている気持ちもわかりますが、太陽は古代から人間に恵みを与えている生命の光。たまには、裸になって思いっきり太陽にあたりましょう。

ヘルスコーチはどうしてる?

太陽光シャワー:

僕の場合、一日20分くらい、出来る限り全身の皮膚を露出して太陽に当たるようにしています。もちろん極度な紫外線を目に入れることは、失明の恐れもあり、絶対にしてはいけませんが、目にもその機能にとって適度な紫外線は実は必要です。ですので、太陽光シャワーで大空に大の字になって横になり、青空を10分くらい裸眼で見るようにしています。これによって適度な紫外線が目にも体にも吸収されます。

ブルーライト:

僕が飛行機の中から日本着陸の際に外を眺めて気づくことは、日本の上空からの光が他国に比べて異様に白いこと。ことに最近では、蛍光灯に加えて、LEDがどこにでも使われています。

店内の天井にぎっしり詰まった、コンビニや、パチンコ屋の蛍光灯はまさに有毒。僕は夜コンビニに出かける時、かなり怪しげな奴に見られることお構いなしに必ずサングラス着用です。

このような光には、自然光に含まれる赤外線や、赤や紫の光線は含んでおらず、助長されたブルーライト(青色光線)のみの光です。この極端なブルーの波長が人間には不自然であり、ミトコンドリアの働きに悪影響を与え、疲れを感じさせます。

また、ブルーライトは昼間にしかない光であるため特に日没以降に浴びることで、人間の体内時計(サケディアン・リズム)を狂わせますサケディアン・リズムが狂うことで、食欲や眠りを誘発するホルモンが抑止され睡眠障害が起こり、そこから様々な不調を誘発させるのです。

オフィス内でも最近では、LEDライトをギンギラに灯しているところも少なくありません。目の前にパソコンのバックライト、そして頭の上からはLEDの光では、疲れるのも無理はないでしょう。

ヘルスコーチはどうしてる?

ブルーブロッカー:

最近では、パソコンや、スマホにこのブルーライトを軽減するオプションが装備されているものも少なくありません。僕はMac派ですが、

MacにはNight Shift という機能がSystem PreferenceのDisplayにあり、自分の設定した時間、もしくは日没から日の出の間、ブルーライトを軽減するようにオレンジのスクリーンレイヤーが表示されあなたの目を守ってくれます。

また、僕の場合ブルーブロッカーというオレンジ色のサングラスを愛用しています。ブルーブロッカーには、ブルーライトの遮断率別のものがあり、昼間には遮断率の低いもの、そして、夜には遮断率100%のものをかけています。

こんな感じのもの。

眼鏡に装着するタイプもあります。 

また、自分の部屋には極力自然光に近い電球、レッドライト電球、スポットライトのみを使用し、蛍光灯は一切使っていません。

赤色光線、赤外線:

赤い光はまさに癒しの光です。それは、体を芯から温めるだけではありません。DNAやRNAの合成を促進し、血流を高め、また傷ついた組織をも修復するので、痛みや、筋肉の損傷、関節の痛みなどを和らげてくれる効果があります。

また、赤外線には、コラーゲンを合成する作用もあるので、定期的に赤外線浴をすることによって、美肌やシワの予防などにも効果があります。

ヘルスコーチはどうしてる?

赤外線ライト

僕は年甲斐もなく野球やサッカー、マウンテンバイクなんかで、ティーンエイジャーがやるような無理な技が祟って怪我なんかをたまにします。二年前の椎間板ヘルニアも、サッカーが引金でしたし、試しに娘のスケートボードに乗ってあばらを骨折しそうになったこともありました。

そんな怪我に持って来いの赤外線浴。一日2、3分患部に当てるだけで、随分と治るのが早くなります。赤外線ライトはお手頃に入手できるのでぜひ一家に一台お備えいただきたい光です。

 

HoLISTIC NATIoNAL

よこたしんや

 

 

 

Is Teflon making your eyes more attractive?


It’s disappointing to point out many poisons, but it is so flooded in this world, and as the essence of human survival, it is the important instinct to register dangers in the survival mechanism for us to survive.

Today I would like to tell you that unexpected poison is hidden especially in the ones that make you look beautiful.

If you are a health-conscious person, you know that Teflon, which is used in non-stick-made frying pans and many cooking utensils, is linked to thyroid diseases, kidneys, and other cancers.

Wouldn’t you be surprised if this Teflon is contained in cosmetics?

“Teflon” is a registered trademark of DuPont, and it is a chemical substance called PFOA used in the manufacturing process of Teflon that is harmful to the body. DuPont recently said that it was safe because it changed this PFOA to PFAS under the pressure of the US Environmental Protection Agency (EPA), but in reality, the composition of these two substances is not so different, There are reports of animal experiments that PFAS also has similar adverse effects, and EPA warns that it will have various adverse effects on the human body as well.

Surprisingly, the PFAS was found in many cosmetics, according to the Environmental Working Group (EWG), a nonprofit organization investigating the legitimacy and labeling of ingredients in foods and other personal care products. EWG has verified cosmetics from 28 large and medium-sized brands such as L’OREAL, LANCOME, Neutrogena, and OLAY, and found that they are included in 200 of them. In particular, 1. Eyeshadow, 2. Highlighter, 3. Wrinkle cream with sunscreens. 

By the way, fluorine compounds such as Teflon are also used in shower curtains, waterproof clothes such as Gore-Tex, microwave oven popcorn, and simple food packaging. When they enter the body, they are hard to be excreted and accumulate in the body for a long time. It’s bad for your health. It also remains in tap water and the atmosphere, where it also enters the body. Fluoride itself is contained in tap water in many parts of the United States, and not only drinking water but entering the blood through the skin through a shower, so please be careful.

Especially since the skin around the eyes is delicate, such substances are likely to affect the skin and easily penetrate into the body. Many lipsticks that directly enter the mouth contain lead, and Teflon. These are definitely the world of dementia highways, so if you pick your food organic, make cosmetics organic as well. 

Click here for a list of cosmetics with high/low PFAS content (indicated as PTFE, a type of PFAS)

https://www.ewg.org/skindeep/browse/ingredients/723141-PTFE_TEFLON/

 

 

References:

https://theintercept.com/2016/03/03/new-teflon-toxin-causes-cancer-in-lab-animals/

https://www.ewg.org/skindeep/contents/is-teflon-in-your-cosmetics/

https://www.epa.gov/pfas/basic-information-pfas

 

HoLISTIC NATIoNAL

Shinya 

 

 

 

あなたの目元

フライパンの関係


毒ばかりを指摘するのは気が引けますが、この世に余りに氾濫していることと、やはり人間のサバイバルの本質として、危険なものを脳にレジスターしておく必須本能が備わっており、これが野次馬のメカニズムでもあり、あなたが恐怖を感じる理由でもあるわけで、それで身を守っているわけです。

今日は、特にあなたを綺麗にしてくれるものにあまりに意外な毒が隠れていることをお伝えしましょう。

健康的なあなたなら、ノンスティック加工されたフライパンや什器などに使用されているテフロンが、甲状腺の病や、腎臓その他の癌などとリンクしていることをご存知かと思います。

このテフロンが、化粧品にたんまり含まれているとしたらあなたは驚きませんか?

ちなみに、「Teflon」はDuPont社の登録商標であり、体に害を及ぼしているのはそのテフロン製造過程に使用されるPFOAという化学物質です。

先頃DuPont社は、アメリカ環境保護局(EPA)からのプレッシャーを受けて、このPFOAをPFASに変えたので安全だとしていますが、実際のところこの二つの物質の構成にはそれほど違いがなく、PFASも同様の悪影響を及ぼすという動物実験の報告もあり、EPAでさえ人体に様々な悪影響を及ぼすということを警告しています。

非営利団体で食品、その他パーソナルケア商品などの原料表示の正当性と化学物質の調査を行っている、Environmental Working Groupによると、驚くことにこのPFASが多くの化粧品から検出されたことを報告しています。

L’OREAL, LANCOME, Neutrogena, OLAYなどの大手、中小ブランド28社の化粧品を検証したところ、そのうちの200製品に含まれており、ことに、1. アイシャドウ、2. ハイライター、日焼け止め効果を含んだシワ予防クリームなどに多く検出されたようです。

テフロンなどのフッ素化合物は、ちなみに、シャワーカーテン、Gore-Texなどの防水加工した服、電子レンジポップコーン、簡易食品包装などにも使用されており、体内に入ると排泄されにくく長期にわたって体内に溜まり、健康を害します。

水道水や大気にも残留し体内に侵入もします。フッ素自体は、アメリカでは多くの地域で水道水に含まれており、飲み水のみならず、シャワーで皮膚から血液中に侵入しますので、どうぞお気をつけあれ。

特に目元の皮膚は繊細ですので、このような物質は皮膚に影響を与えやすく、また体内にも侵入しやすいでしょう。

直接口に入る口紅には、鉛が含有されているものも多く、テフロン、鉛など確実に認知症街道まっしぐらの世界ですので、食べ物をオーガニックにするくらい健康に気を使うなら、化粧品も自然系のものにすることをお勧めいたします。

 

PFASを含有量が多い・少ない化粧品一覧は こちら

(表示ではPFASの一種であるPTFEと記載されています)

 

以下、参照報告など。

https://theintercept.com/2016/03/03/new-teflon-toxin-causes-cancer-in-lab-animals/

https://www.ewg.org/skindeep/contents/is-teflon-in-your-cosmetics/

https://www.epa.gov/pfas/basic-information-pfas

HoLISTIC NATIoNAL

よこたしんや