ディトックス・パーティーのススメ


「健康」に関わるようになってから、年初めにはいつも何らかの「ディトックス」を「お清め」として行うことにしています。今年のは気合がムチャクチャに入っています。

8週間かけて行う「ディトックス」。クリスマスの週から始めて6週目に入りましたが、この方法に比較すると、これまで試したディトックス方法はまるでちゃんちゃらお笑いだったことが理解されつつあります。

やれ肝臓ディトックス、腎臓ディトックス、整腸ディトックス…などなど、最近よくあるビジー・ピープル向け5日、7日プログラムといったような短期間プログラムは大した効果は望めません。なぜなら、このような解毒臓器は、相互に深く関連しているからです。例えば肝臓をディトクスしようとしても、そこから出る毒を処理する腸が正常機能していなければ、解毒できないばかりか、それまで肝臓に埋もれていた毒が溶け出てきて、それが体から排泄されずに悪影響を与え、健康を害する可能性があります。

ですのでこのディトックスの場合、腸、肝臓、腎臓の順にそれぞれ2週間ずつ解毒をしていきます。(最初の2週間は、単に食事をクリーンにすることで、ディトックス準備をします)

このプログラムは、自然医学の牙城として多くの新進的な代替医療者を過去40年にわたって輩出してきた「Bastyr University(バスティア大学)」の創設者の一人である、Joseph Pizzorno (ジョセフ・ピゾルノ)医師によって提唱されている8週間のレシピをベースに、日本人の趣向にもそぐうようにぼくが少々手を加えたものです。

このディトックス・プログラムは、ピゾルノ医師の著書である「Toxin Solution」に詳しく説明されていますが、日本人には、それが英語であること、また、手順がきれいに整理されていないので、手順読解に苦労することなどいくつか難点があります。

そこで、「8ウィーク・ディトックス・パーティー」

日本人ヘルス・コーチである自分の利点を活用し、このプログラムを理解しやすく一目でわかるようにまとめましたので、自分のディトクスが完了したら希望者を集めて「8ウィーク・ディトックス・パーティー」をしてみたいと思います。一人でやると色々わからないことが出てきたり、いろんな症状が現れたり、そういったことを仲間同士でサポートし合えると、心配なく、楽しく、挫折なしに「ディトックス」ができると思うのです。また、ご近所なら時々集まって一緒に食事を作ったり、ジュースを紹介しあったり、楽しく8週間が過ごせるかと。

そして、楽しくディトクスを済ませた後は、

体重が減ったり、肌ツヤが蘇ったり、お通じが良くなったり、疲れにくくなったり、エネルギーが出てきたり、記憶力、パフォーマンスが上がったり、といった嬉しい効果も大いに期待できますから絶対にオススメ。

詳細はまたこちらにポストしますが、最初は5名くらいに限らせていただこうと考えていますので、興味のあるかたは今から直接メッセージをいただきたく思います。遠方の方でもスカイプ、YouTubeなども利用するつもりですのでお気軽に。

これから少しづつディトックスについてのコラムをポストしていきます。

↓↓↓↓↓このブログが少しでもお役に立てたなら、ボタンをクリックしてご支援願います。


全般ランキング


健康ダイエットランキング

写真はウェブから拝借

 

美味しい!ホリスティック!

YouTube版 初登場!!


美味しいホリスティックのYouYube版が登場しました。

エピソード11 – インタビュー・佳奈・ロマン・アルカラ・岡田さん。

種子、アグロカルチャー研究家、ゲリラ・ガーデナー

TPPや種子法廃止に伴って、これから日本の農業が、そして僕らの食物がどのように変わっていくのか?

これは僕らのみならず、僕らの子供達、すなわち日本の未来に多大な影響を与えるテーマです。全ての自然、食物、動物、昆虫、そして人間はそれぞれが関係し、助け合い、相互的に共存しています。そんなことは、頭ではわかっているかもしれませんが、現実の中ではなかなか目につきにくいものです。

今回のインタビューでは、カリフォルニア・バークレーを中心に種子、アグロ・カルチャー研究家、ゲリラガーデナーなどとして活躍される佳奈・ロマンアルカラ・岡田さんのお宅にゲリラ侵入し、インタビューをさせていただきました。

「種子を手に握った時に、その種子の巡ってきた道とか、国とかの景色がバーっと私の体に伝わってきたような感覚を得た」そんな、スピリチュアルで意味深い経験をきっかけに種子の研究をし始めた佳奈さん。現在日本で直面する種子にまつわる様々な動向を危機感を持って話してくれました。

種子法廃止、TPP、GMO、ゲノム編集といったことが急速に動く日本で今、私たちは何に注意を向けたら、何をしたらよいのか。

ぜひ、美味しい!ホリスティック!初のYouTube版でお楽しみください!

 

以下のポッドキャストでも聴くことができます。

iTunes:
Stitcher:
Google Play Music Podcast

 


全般ランキング


健康ダイエットランキング

頂点をいく
ダーク・チョコレート


僕の尊敬する健康グルで、代替・自然医療医師の一人に、ドクター・ウェイルという医師がいます。2、30年ほど前には、代替医療といえば彼と、ディーパック・チョプラ医師がずば抜けて知名度があり、あとはどんぐりの背比べという感じだったはずです。

昨日、彼のレクチャーの中で、「ぼくの抗炎症フードピラミッドの頂点に立つのはダーク・チョコレートだ」といって、受講者を笑わせていたので、彼のサイトでそのピラミッドを見ると確かに「ダークチョコレート」が頂点に立っていました。(頂点は、ベストフードという意味ではなく、少量摂取するという意味)

チョコレートが最近スーパーフードと言われている理由の最強は、ポリフェノールやフラボノイドといった抗酸化作用を持つ成分が多量に含まれているからです。サルでも理解できるように単純化すると、「酸化」=「炎症」=「あらゆる病気の根本原因」ですので、抗酸化作用を持つ食べ物が重要であるということになりますが、ポリフェノールのもつ威力はそれにとどまりません。

他にも以下のような効果があります。

ー血圧の低下

炎症が体内に起こると血管を狭くしてしまう。炎症が軽減されることで血管が広がり血圧が下がる。

ー動脈硬化などその他の心臓疾患予防

カカオバターの脂肪には、LDL(悪玉)コレステロールを下げ、HDL(善玉)をあげる作用がある。

ーシミやそばかすの予防

紫外線による活性酸素を除去するのでシミ、そばかすなどの予防になり美肌につながる。

ー記憶力、認知力を上げる

大脳の血行を良くし、頭の回転をスムースにする。特に高齢者の認知力を上げる。

体に良いからといって、食べ過ぎは決してよくありません。

僕の場合は、サプリメントと思って週に2、3回、一回10グラムくらいを味わって食べます。

また、質にもこだわることが大切です。チョコレートは、生産地が熱帯地方ですので、多く低賃金で子供を働かせたり、強制労働をさせたりという労働環境を強いているところが多くあります。オーガニックのフェア・トレードで、カカオが80パーセント以上(ドクターウェイルは70%以上と言ってますが)、砂糖が1オンス(約30グラム)中、10グラム以下のものを選ぶことをお勧めします。

以下、オススメするアメリカ2銘柄です。

日本で手に入る:

http://import-selection.ciao.jp/ihb/i-review-0296.shtml

アメリカなら:

https://www.cocoaparlor.com

↓↓↓↓↓↓下のボタンをクリックしてこのブログをサポートしていただければ幸いです。

アメリカでは「スーパーフード」を冠せられたダークチョコレートだが、品質には要注意。

 


全般ランキング


健康ダイエットランキング